ペットが死んだ時どうする?ペットの葬儀をあげるペット葬とは

もし飼っているペットが死んだ時、皆さんならどうするでしょうか?やはりペットも家族ですので、死んだ時は供養してあげることが大切です。しかし、供養すること自体が大変なため、現在はペット葬儀が一般的になっています。

ペット葬儀って?

ペット葬儀は、飼っているペットが死んだ時、人間と同様に火葬を行ってくれるサービスを指します。ペット供養とも呼ばれており、犬や猫、鳥などのペットが死んだ際、供養を依頼する方が多くなっています。火葬炉へと運び、供養を行った後にお墓へと入れるのが一般的です。

ペット葬儀の費用相場

ペット葬儀は様々な業者がありますが、料金は業者によって変わるだけでなく、ペットの大きさ・種類により異なります。例えばうさぎやフェレットなどの小動物の場合、数千円〜1万円ほどで供養できる業者も多くある一方、大型犬などの場合、2〜3万円ほど掛かる場合もあります。
特に動物の大きさが影響しますので、利用の際は料金を確認してみるのも良いでしょう。

様々なペットの葬儀に対応している

ペット葬儀で供養してもらえる動物は、犬や猫はもちろんのこと、ハムスターやフェレットなどの小動物など様々です。亀などのペットや、爬虫類に対応している場合もありますので、飼っているペットが死んだ際は相談してみると良いでしょう。ただし、供養可能なペットは業者により変わることがあります。

葬儀の方法

ペット葬儀には様々な方法があります。直接火葬炉へとペットを運ぶ方法、業者が引き取りに来る方法、そして移動火葬車により自宅で供養する方法と、大きく分けると3種類です。ライフスタイルや個々の事情に応じて選べる点が特徴です。

供養する際は検討を

もしペットが死んでしまった時は、ペット葬儀を利用してみててはいかがでしょうか。費用も決して高くありませんし、手厚く供養してあげることが可能です。ただし、業者は多数ありますので、自身にあった業者を選ぶようにしましょう。

ペットに与えるおもちゃの管理やいざという時の対処法を認識しておこう

人間が見ても、ペット用のおもちゃはかわいらしく思わず手に取ってしまうような製品が増えているものです。
ペットにとってもうれしいものであるおもちゃですが、やはり与えるときにはいくつかの注意が必要となります。
そこで、今回はおもちゃを与える際の注意点についてみていきましょう。

遊んでいるときは目を離さないように心がけよう

例えば、シリコン製品などがおもちゃに材質としてよく使われています。
噛みやすくなっていますし長持ちもしやすく人気ともなっているのです。
ただ、大きさによっては誤飲をしてしまう可能性もあるのです。
ですから、遊んでいる時には極力目を離さないように心がけましょう。
そして万が一、おもちゃが壊れてしまったり食べてしまいそうになったらすぐに取り上げるようにすることも大切です。

基本的な管理は飼い主が行おう

上記のことでもお分かりいただけるかと思いますか、基本的な管理は飼い主が行うようにしてください。
誤飲を防ぐということはもちろんですが、使用後のおもちゃは清潔にしておくことも大切なのです。
安全な消毒方法を取り入れながら衛生環境もしっかりと整えるよう心がけましょう。

万が一、飲み込んでしまったら

小さなおもちゃでしたら、排便とともに体外に排出させることが大半です。
とはいえ、ある程度の大きさがあるもの・ビニール・金属や電池・ガラス・薬品などは生命に危険が及んでしまう可能性も十分に考えられます。
ですから、飲み込んだと思われるものを持参するもしくは書き出してできるだけ早く獣医に相談をすることが望ましいでしょう。
すぐに行ける病院をあらかじめ認識しておくのも良いかと思います。

おもちゃの管理や対処について知る

こうして、おもちゃについての注意点や対処法を知っておくことはペットの健康的な生活にもつながることなのです。
ペットとはいえ家族の一員ですから、こうした部分に留意しともに楽しい時間を少しでも多く過ごせるようにしていきましょう。

ペットの躾の仕方

ペットの中でも犬を飼う場合は、しっかりと躾をすることが大事なんですね。
犬を飼ってみようと思っている人、そして犬をすでに飼っているけど躾があまり上手くいっていない人も居るかと思うので一部のしつけ方法を紹介しましょう。

基本のマウンティング

これは、犬も代表的ではあるのですが動物を飼う時に基本的にとても大事なのがマウンティングというテクニックです。
自然界では、基本的に動物は力関係を確認する際にマウンティングと言って力の強い、立場が上の側が上に乗っかるということをするのですが実は躾にもとても高い効果があります。
具体的には、犬が伏せをしていたりしている場合上に体を覆いかぶせるようなやり方がいいですね。
当たり前ですが、犬に体重をかけないように気をつけてください、大型犬でもない限り成人の体重を支えるような力は犬にありませんので怪我をさせてしまいます。
大事なのは、ポジションとして犬の上に乗るという行為ですね、これを犬がおとなしくするまで繰り返し行いましょう。

降参のポーズをさせる

マウンティングと同じような物なのですが、犬を仰向けに寝転がらせてその姿勢をキープさせるというのも躾の一つになります。
4足歩行の動物にとって腹を見せるというのは自分の急所を晒す事、言ってみれば抵抗の意思がない服従のポーズなんですね。
これを人間側が意識的に行わせることを繰り返しすることで、自然と犬は飼い主に対しての力関係を自然と覚えていきます。
犬が自分で姿勢を戻そうとしたらそれを制止するのも効果ありです。

躾に大事なのは誘導すること

こういった躾をする際に大事なのは、力づくで無理やりやらせるということではないです。
無理やりやらせると当然犬も痛いですし、それは躾にはなりません。
あくまで、軽く誘導しながら繰り返し行なっていくことで犬に自然とその姿勢やポーズを覚え込ませていく、というのが躾にとって大事なアプローチとなっているのです。

ペットとの散歩は何よりも体も心も健康になる運動です

ペットとの散歩ほど楽しい運動はないでしょうか。
一人で歩くウォーキングや仲間と一緒のランニングなど、健康作りのための運動は色々とあります。
でも、長続きしますか?付き合いと割り切って嫌々やっていませんか?
ペットの散歩が自分の運動にもなると思っている人は多いでしょう。
そんな気持ちを味わってください。

リードを付けるのを嫌がりますか?

ペットの犬との散歩はまずはリードを付けることからです。
小さいうちからリードをつける習慣があれば何の問題もありません。
リードを首にするのを嫌がる犬もいますが、その場合は、体に付けるハーネスのようなタイプもあります。
これだと首への違和感がないので、デリケートな犬でも大丈夫です。
中には、アレルギーを持っている犬もあるので注意して見てあげましょう。

いよいよお出かけ

リードをすると散歩の時間だとわかっていて、大喜びする犬がいます。
嫌がって、なかなか思うようにリードを付けさせてもらえない犬もいます。
長いリード、短いリード、伸びるリードと様々ありますが、犬の行動を見て判断するのも良いでしょう。
実は、ウチのペット(チワワ)はリードが嫌いで、首輪タイプは言語道断。
仕方なくハーネスタイプを使っています。

散歩コースは決まっている?

毎日同じ散歩コースを歩いていると、ペットも道を覚えます。
近所の人から、留守中の散歩を頼まれまれたことがあります。
他人の飼い犬を散歩させるのは初めてなので、緊張しながら言われたコースを辿りました。
私が何も指示しなくてもテキパキと歩き出し、途中で用を足し、自分で迷いなく道を進んでいきます。
自分の家まで真っ直ぐに戻り、飼い主の言っていたことは正しかったと再認識しました。

一緒に歩くのは至福の時

ペットと散歩しているときに、何か優越感を感じることはないでしょうか?
こんな可愛いペットと散歩しているのだと思うと気持ちが高揚します。
他の散歩連れのペットと会うと、「可愛いですね〜」とは言いますが、いつも「ウチの勝ち!」と思っています。
誰もがみんなそう思っているのは承知です。
嫌なことがあったときでも、すべて消し去ってくれる不思議なパワーが、ペットにはあります。
これは、決して大げさな話ではないのです。
その気持ちを理解したければ、ペットを飼うことです。