愛犬の最後を見届けられない不安がある人は老犬ホームの利用を

今の日本、高齢化社会で介護も大きな課題となっています。家族でできればそれがいいのですが、事情によっては老人ホームに預けることも珍しくはありません。

この老人ホームがあるように、実は犬にも老犬ホームがあるのをご存知ですか。

老犬ホームとは

老犬ホームとは、高齢になった愛犬を預けて、そこで面倒をみてもらえます。犬も老犬になると、足腰が弱くなったり、病気にもなりがちです。そういった老犬の世話も意外と大変です。
家族で老犬をみれればいいのですが、時には飼い主も高齢の1人暮らしであったり、また飼い主が先に亡くなってしまい、だれも飼う人がいなくなったなんてケースも出てきました。そんなときに捨てたり、保健所で殺処分するのではなく、老犬ホームにあずけることで、老犬も寿命をまっとうできるようになるのです。

老犬ホームに預けると安心

老犬ホームに預けると、そこのスタッフが24時間体制できちんと世話をしてくれます。
朝は決まった時間に餌をあげてくれますし、そのあとは中庭や外で犬たちを遊ばせたりします。その間にゲージを掃除してくれるので衛生面も安心です。それから、昼や夕方に餌をあげ、決まった時間に就寝となります。
もちろん、スタッフが散歩もさせたりするので安心です。

また、夜中もスタッフが見回りをしてくれて、老犬たちに異変がないか、体調悪くしていないかも確認してくれます。体調悪いときには、獣医さんにも見せてくれるので、病気があっても安心できるでしょう。

老犬も他の犬と一緒にいると言うことでさみしい思いもしなくてもいいメリットもあります。
そして、亡くなった時には葬儀などの手配もしてくれるのです。

費用の面はどうなっているのか

老犬ホームでは預けるときには、やはり費用もかかってしまいます。だいたい30万円前後が相場のようです。それとは別に病気になったときには、治療代がかかってしまいます。

愛犬の最後を見届けられないなんてこともありえます。そんな不安があるときには、愛犬のためにも、老犬ホームを利用してみてはどうでしょうか。

ペットに与えるおもちゃの管理やいざという時の対処法を認識しておこう

人間が見ても、ペット用のおもちゃはかわいらしく思わず手に取ってしまうような製品が増えているものです。
ペットにとってもうれしいものであるおもちゃですが、やはり与えるときにはいくつかの注意が必要となります。
そこで、今回はおもちゃを与える際の注意点についてみていきましょう。

遊んでいるときは目を離さないように心がけよう

例えば、シリコン製品などがおもちゃに材質としてよく使われています。
噛みやすくなっていますし長持ちもしやすく人気ともなっているのです。
ただ、大きさによっては誤飲をしてしまう可能性もあるのです。
ですから、遊んでいる時には極力目を離さないように心がけましょう。
そして万が一、おもちゃが壊れてしまったり食べてしまいそうになったらすぐに取り上げるようにすることも大切です。

基本的な管理は飼い主が行おう

上記のことでもお分かりいただけるかと思いますか、基本的な管理は飼い主が行うようにしてください。
誤飲を防ぐということはもちろんですが、使用後のおもちゃは清潔にしておくことも大切なのです。
安全な消毒方法を取り入れながら衛生環境もしっかりと整えるよう心がけましょう。

万が一、飲み込んでしまったら

小さなおもちゃでしたら、排便とともに体外に排出させることが大半です。
とはいえ、ある程度の大きさがあるもの・ビニール・金属や電池・ガラス・薬品などは生命に危険が及んでしまう可能性も十分に考えられます。
ですから、飲み込んだと思われるものを持参するもしくは書き出してできるだけ早く獣医に相談をすることが望ましいでしょう。
すぐに行ける病院をあらかじめ認識しておくのも良いかと思います。

おもちゃの管理や対処について知る

こうして、おもちゃについての注意点や対処法を知っておくことはペットの健康的な生活にもつながることなのです。
ペットとはいえ家族の一員ですから、こうした部分に留意しともに楽しい時間を少しでも多く過ごせるようにしていきましょう。