ペットの躾の仕方

ペットの中でも犬を飼う場合は、しっかりと躾をすることが大事なんですね。
犬を飼ってみようと思っている人、そして犬をすでに飼っているけど躾があまり上手くいっていない人も居るかと思うので一部のしつけ方法を紹介しましょう。

基本のマウンティング

これは、犬も代表的ではあるのですが動物を飼う時に基本的にとても大事なのがマウンティングというテクニックです。
自然界では、基本的に動物は力関係を確認する際にマウンティングと言って力の強い、立場が上の側が上に乗っかるということをするのですが実は躾にもとても高い効果があります。
具体的には、犬が伏せをしていたりしている場合上に体を覆いかぶせるようなやり方がいいですね。
当たり前ですが、犬に体重をかけないように気をつけてください、大型犬でもない限り成人の体重を支えるような力は犬にありませんので怪我をさせてしまいます。
大事なのは、ポジションとして犬の上に乗るという行為ですね、これを犬がおとなしくするまで繰り返し行いましょう。

降参のポーズをさせる

マウンティングと同じような物なのですが、犬を仰向けに寝転がらせてその姿勢をキープさせるというのも躾の一つになります。
4足歩行の動物にとって腹を見せるというのは自分の急所を晒す事、言ってみれば抵抗の意思がない服従のポーズなんですね。
これを人間側が意識的に行わせることを繰り返しすることで、自然と犬は飼い主に対しての力関係を自然と覚えていきます。
犬が自分で姿勢を戻そうとしたらそれを制止するのも効果ありです。

躾に大事なのは誘導すること

こういった躾をする際に大事なのは、力づくで無理やりやらせるということではないです。
無理やりやらせると当然犬も痛いですし、それは躾にはなりません。
あくまで、軽く誘導しながら繰り返し行なっていくことで犬に自然とその姿勢やポーズを覚え込ませていく、というのが躾にとって大事なアプローチとなっているのです。