犬のお散歩は運動だけが目的ではない

初めのうちは散歩はトイレや健康維持のためだけのものと感じていました。一緒に生活をしていくときに、どんどん愛着が出てきて愛犬として自分のなかでの優先順位が上がってくるようになり、もっとペットのためにしてあげたいと感じるようになったとき、いろんなものが足りていないことに気付かされました。

調べれば調べるほど間違っていた知識

トイレは散歩中にするものという先入観が強く、必ずトレイグッズを持参していました。調べていくと、散歩前にトイレは済ませて置いて、念のためにトイレグッズを持っていく方が良いことを知りました。トイレは家で済ませておくものとしつけをしっかりすることで、突然の粗相に悩まされることも少なくなりました。

また散歩自体健康維持だけではなく、愛犬の縄張りや社会を知ることにも役立つことを知りました。子供と同じようにいろんなものに触れさせることで、社交性が身につくことを知ってから、いろんなルートを開拓して社会を覗かせてあげました。そうすると家の者にしか懐かなかったのに、他の人に撫でられても平気になっていたのは驚きです。

散歩をする楽しみが出てきた

犬の気持ちなんてわかるはずもないですが、なんとかなく楽しんでいるように見えました。目がキラキラしていますし、散歩が楽しいようで、こちらとしても張り合いが出てきます。愛犬が散歩を楽しむことを知り、そこから自分にも楽しみが生まれてきて、相乗効果で散歩を楽しんでいます。

愛犬にも友達が

ルート開拓するとすれ違う他のわんちゃんも多くなりました。数回すれ違うようになると飼い主同士でも仲良くなり、そこから犬同士も触れ合うようになりました。時々吠えてしまい窘めることもありますが、犬同士のコミュニケーションができる楽しみも増えています。

楽しみながら散歩ができる

散歩をさせるだけではダメなことを知り、足りない部分を補っていくことでますます一緒に行動することが楽しくなっていきました。散歩に出るのが億劫なことが少なくなったような気がします。

こちらもおすすめ!