ペットが死んだ時どうする?ペットの葬儀をあげるペット葬とは

もし飼っているペットが死んだ時、皆さんならどうするでしょうか?やはりペットも家族ですので、死んだ時は供養してあげることが大切です。しかし、供養すること自体が大変なため、現在はペット葬儀が一般的になっています。

ペット葬儀って?

ペット葬儀は、飼っているペットが死んだ時、人間と同様に火葬を行ってくれるサービスを指します。ペット供養とも呼ばれており、犬や猫、鳥などのペットが死んだ際、供養を依頼する方が多くなっています。火葬炉へと運び、供養を行った後にお墓へと入れるのが一般的です。

ペット葬儀の費用相場

ペット葬儀は様々な業者がありますが、料金は業者によって変わるだけでなく、ペットの大きさ・種類により異なります。例えばうさぎやフェレットなどの小動物の場合、数千円〜1万円ほどで供養できる業者も多くある一方、大型犬などの場合、2〜3万円ほど掛かる場合もあります。
特に動物の大きさが影響しますので、利用の際は料金を確認してみるのも良いでしょう。

様々なペットの葬儀に対応している

ペット葬儀で供養してもらえる動物は、犬や猫はもちろんのこと、ハムスターやフェレットなどの小動物など様々です。亀などのペットや、爬虫類に対応している場合もありますので、飼っているペットが死んだ際は相談してみると良いでしょう。ただし、供養可能なペットは業者により変わることがあります。

葬儀の方法

ペット葬儀には様々な方法があります。直接火葬炉へとペットを運ぶ方法、業者が引き取りに来る方法、そして移動火葬車により自宅で供養する方法と、大きく分けると3種類です。ライフスタイルや個々の事情に応じて選べる点が特徴です。

供養する際は検討を

もしペットが死んでしまった時は、ペット葬儀を利用してみててはいかがでしょうか。費用も決して高くありませんし、手厚く供養してあげることが可能です。ただし、業者は多数ありますので、自身にあった業者を選ぶようにしましょう。

こちらもおすすめ!