ペットに与えるおもちゃの管理やいざという時の対処法を認識しておこう

人間が見ても、ペット用のおもちゃはかわいらしく思わず手に取ってしまうような製品が増えているものです。
ペットにとってもうれしいものであるおもちゃですが、やはり与えるときにはいくつかの注意が必要となります。
そこで、今回はおもちゃを与える際の注意点についてみていきましょう。

遊んでいるときは目を離さないように心がけよう

例えば、シリコン製品などがおもちゃに材質としてよく使われています。
噛みやすくなっていますし長持ちもしやすく人気ともなっているのです。
ただ、大きさによっては誤飲をしてしまう可能性もあるのです。
ですから、遊んでいる時には極力目を離さないように心がけましょう。
そして万が一、おもちゃが壊れてしまったり食べてしまいそうになったらすぐに取り上げるようにすることも大切です。

基本的な管理は飼い主が行おう

上記のことでもお分かりいただけるかと思いますか、基本的な管理は飼い主が行うようにしてください。
誤飲を防ぐということはもちろんですが、使用後のおもちゃは清潔にしておくことも大切なのです。
安全な消毒方法を取り入れながら衛生環境もしっかりと整えるよう心がけましょう。

万が一、飲み込んでしまったら

小さなおもちゃでしたら、排便とともに体外に排出させることが大半です。
とはいえ、ある程度の大きさがあるもの・ビニール・金属や電池・ガラス・薬品などは生命に危険が及んでしまう可能性も十分に考えられます。
ですから、飲み込んだと思われるものを持参するもしくは書き出してできるだけ早く獣医に相談をすることが望ましいでしょう。
すぐに行ける病院をあらかじめ認識しておくのも良いかと思います。

おもちゃの管理や対処について知る

こうして、おもちゃについての注意点や対処法を知っておくことはペットの健康的な生活にもつながることなのです。
ペットとはいえ家族の一員ですから、こうした部分に留意しともに楽しい時間を少しでも多く過ごせるようにしていきましょう。

こちらもおすすめ!